読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よりどりみどり

ジャニーズは青春

Sexyの渦に巻き込まれていないジャニオタがSexy Zoneのコンサートに行った

Sexy Zone

ジャニオタの友人から誘われて、四ヶ月前に初めてSexy Zoneのコンサートに行きました。

3/15 Sexy Zone Sexy Power Tour@マリンメッセ福岡

その日について今さら書き起こします。

先に言っておくと、私はSexy Zoneのファンではないです。好きだけど。ちなみに聡ちゃんがいちばん好き。
普段は関ジャニ∞ジャニーズWESTにワーキャー言ってるジャニーズ全般好きなオタクです。

Sexyの渦に巻き込まれていない私がSexy Zone、Sexy Familyについて書くのでファンの方々からしたら見当違いなこともあるだろうし、この四ヶ月の間に「Mr.King vs Mr.Prince」なる新しいグループもできたけど、構わず書く。


主に三つ

①ファン層が若い。
分かりきってたことではあるけれども。歌詞に「若さは武器だから」って出てくるくらいだし。
ほっとんど自分(21)より若い。というか幼い。

グッズ売り場で並んでて
A:「Bちゃんは鉛筆買うの?」
B:「もう中学生だから鉛筆は使わないだろうし買わない」
みたいな会話が聞こえてきてね、固まりましたよ
いや、私も小学生の時シャーペン使用禁止だったからさ、中学生になれば使えたもんね、わかるよ
何かうまく言えないけどそうかそうなのかSexy Zoneのターゲット層がここら辺なのかって突きつけられた感じがしました。

あと、グッズのTシャツ着てる人数人しか見なかったけど、売れたのか…?あれ近くで見ても何柄かよくわからなかった
普通アンコールでメンバーがグッズのTシャツ着てくるもんだろうと思い込んでたけどせくぞさんアンコールもキラキラモフモフ衣装で出てきて、あれは何のためのTシャツなんだ?って思ってしまいました

そんで彼らもターゲットをその若い子たちに絞ってるからなのかな、よくわかんないけどMCと呼べるMCがなくてつらかった。座れないのつらい。友人(20)共々終わり際には座席に腰かけちゃってた。周りの若い子たちは最後まで前のめり気味だった。間に休憩挟んでないのに元気だな…なんて思いながら脚に限界感じてましたごめんなさい。



②男 never give up

途中までは初めて見るSexy Zoneのコンサートにキャーキャー言ってたんです。「男 never give up」は音楽番組では何回か見たことあったけど、歌詞までは全然注目してなくて、会場の画面で初めて歌詞を確認しました。

http://j-lyric.net/artist/a055cda/l032f36.html

恐怖を感じた
とにかく3のゴリ押しがすごい
何を今さらと言われるかもしれないが

まず初っぱなの
『男!男!男!』
『1 and 2 and 3 Hey!』
ド頭から3のゴリ押し


『空は Sun×3』て
Sunがもはや3なのにさらに×3て

気づいたら歌詞の出てる画面から目が離せなかったしどんどん「3」が出てくるからこわくてこわくて仕方なかった。


何かもうここまでくると私は「ジャニーさんは占い師に『3』という数字を刷り込まれてしまったから今に至るんだ」とすら思うようになってしまった。あまりにも「3」にとらわれすぎて、「3」の要素を歌詞にめいっぱい盛り込むように三浦徳子先生にお願いしたのではないか。じゃないとひとつの曲にこんなに「3」を盛り込む意味がわからない。
それに、3を占い師か某かに刷り込まれてしまったから今のSexy鬱状態ができてしまったと考えると説明がつくと思うのは私だけでしょうか。ジャニーさんはどうしても、手っ取り早く3を作りたいが為に、5人のSexy Zoneを3人体制にして、聡マリちゃんそれぞれに二人ずつ付けてさらに3を増やしたという。あら不思議!5が1つだったのが3が3つになりました~
とまで想像してしまうほどの恐怖を感じた。
ジャニーさんは3人を目立たせたかったわけでも聡マリちゃんをハブりたかったわけでもなくただひたすらに「3」を作りたかった、だから今のSexy鬱が生まれたのはジャニーさんに3を刷り込んだ占い師のせいだ!


そんなこんなで「男 never give up」以降普通に見ることはできなかったんですけれども

本編最後だったかな、出演してるメンバー全員が横並びになったとき、下手から(うろ覚えです)

長増菅松松聡健勝風マ神岩紫半寺

だったんですけど、
その時の衣装がふまけんしょり、セク松、セクボがそれぞれ3人ずつ衣装の色を揃えてて、

長増菅|松松聡|健勝風|マ神岩|紫半寺

にしか見えなくて…!

3が!!いっぱい!!増えた!!!今までみんなバラバラ~と散ってたのに!!!!最後の最後で!!!!!
って発狂しそうになって必死に抑えたのを昨日のことのように思い出します…


その数ヵ月後にはキンプリなるグループができたわけなんだけどこれも3対3じゃないですか、もうこわすぎ



追記(7/16):友人に言われて思い出したけど、「Cha-Cha-Cha チャンピオン」も『Cha』が3つでしたねそういえば



③拍手の文化がない
初日だったし、色々タイミングとか分からない部分もあったのかもしれないけど、こうも拍手って起きないの…?って衝撃だった。
どのグループも最後に「今日はありがとうございました」的な挨拶をメンバー全員又は代表者がすると思うんだけど、だいたい挨拶し終わったら自然と拍手が起きるじゃないですか、それが起きない。してた人もいるかもしれないけど、少なくとも私のまわりには見えなかった。みんな、挨拶し終えた人に向かってバルーンライト振ってた。
普段某グループに慣れてるから、ありとあらゆる物(ライブ会場とか)に拍手する習慣がついている、というのもあるかもしれない。いや、他のグループでもジャニーズ以外のアーティストでも拍手するよね…?なんでみんなセクシーバルーンライト振ってたの…?



結論
・自分はターゲット層ではないと痛感した(グッズがえんぴつだったりMCなかったり歌詞だったり)だからって応援しちゃいけないとかそういうわけではないと思うけど

・私が勝手に抱いていた「ジャニーズのコンサート」とは異世界だった(グッズのTシャツ着ないとか拍手しないとか)

・ジャニーさんが占い師に「3」を刷り込まれてしまったからこうなったんだと仮定すればすべて納得した。いや、そうでもしないとやってられない
(ライブに行ってからというもの、「男 never give up」はトラウマになってしまいました…勝手な思い込みだとは分かっているものの…)



個人的見解のみで書いているので見当違いなことばかりかと思いますm(__)m
でもこの四ヶ月ずっとモヤモヤしてたから、書けてよかったです。